--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2015.01.28 23:54 (水)  ピョートルの住

前回のblogにコメントいただいてたのに、
お返事が遅くなってすいませんでした。

実は、事件が起こりました。

今思い出しても寒気がします。私はひどいことをしてしまいました。

ピョートルがケージの中から、コードをかじってしまったのです。。。

ケージ内の温度を表示するためのセンサーが、私たちが留守の間にかじり切られていました。

気がついた時、ピョートルの様子はいつもと変わりなく元気でした。そして今日まで10日以上経っていますが、その間も注意深く観察しておますがピョートル大丈夫です。

そのことだけが本当に本当に良かったと、感謝しています。

私たちの失敗を忘れない為に、今後同じことを繰り返してピョートルを危険な目に合わせないために、もしかしてこのプログを見てくれてる人たちにも改めて気を付けてもらう為にも、恥を忍んで書くことにしました。




ピョートルのケージの一角です。
ケージ壁面にパネルヒーターがあります。
ケージ自体は一回り大きな木の箱のようなものに入ってあるのですが、その内側壁面に温度センサーコード(白いコード)があります。



普段はケージの中からコードへは届かない距離にセッティングしているのですが、この日はなぜか、コードが少し曲がったのか、ケージを壁面に寄せすぎたのか、ピョートルがクチバシで引き寄せられる距離になっていたんでしょう。



かじられていた部分。




2本がくっついて1本になっているコード、半分が完全にかじり切られていました。




ピョートルはいつもどおり元気でエサも食べるし遊ぶしだったのですが、コードの中身は銅線、金属です。

感電した様子はないので、本当に良かった。
かじられた銅線部分を細かくチェックしたけれど、たぶん無くなってる部分が無さそうなのでかじり切っただけだろうと思われました。

ただ、どうにも心配なのでパニクりながら病院に電話。

かじったのが銅線ということで鉛よりは急性金属中毒になる確率は低い。
レントゲンにも映らないくらいの少量なら自然に排出されるだろう。
飲み込んだか飲み込んでないかわからないので、吐いたりフンの色がおかしかったり(黒っぽいフンになる)なにか変わった様子があるなら連絡してくださいといわれました。
次の日は日曜日だったのですが、対応してくれるとの心強いお言葉に涙が出そうになりました。


長いので、次回に続きます……


にほんブログ村 鳥ブログへにほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ←事故に注意しよう!


スポンサーサイト

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。